転職で満足する年収を提示してもらうには?

転職に関するよい本を紹介したいと何十冊読み漁りましたが、正直どれも「当たり前」のことばかり書かれているものでした。
しかし今回紹介する本は、単行本で薄いですが、転職者にはとても「ためになる」と感じた本でした。
それは、下記の本です。

著者は、会社を経営している社長の方で、不動産、コールセンター、飲食等をやられているようです。
なので、会社で働いている人事、人材会社の営業マンなど雇われている側目線ではなく、本気で1番に会社の利益を考えている雇う側からの目線を知ることができます。

 

今回はこちらの良い話を紹介します。

ここで話す転職の人物像は、ある程度その分野に精通した人の転職を対象としています。
新入社員、第二新卒者、異業種に転職を考えている未経験者は対象外です。

 

 

雇う側目線からの応募者

企業に”やすく”見られてしまう

著者は現在は社長ですが、以前はサラリーマンをしていたようです。

その経験から感じることが書かれています。

採用する側と応募する側の両方の立場を経験して実感したのは、企業に”やすく”見られてしまう転職希望者があまりに多いということです。
この応募者は前職より低い給料でも十分働いてくれるはずだ、と採用責任者に足元を見られてしまうことで、給料アップに失敗しているのです。

 

企業視点でアピール

そして、高い年収を得るにはどうすればいいか。
このように書かれています。

企業に高い年収を提示させるために必要なのは、足元を見ようとする採用側の視点に立ったうえで自分の魅力をアピールすること

としています。

そして、転職者は下記のことが欠如しているとしています。

企業は利益をあげるために必要だと思えば、あなたが想像するよりも高い年収を提示します。
しかし実際はほとんどの人が、自らがその企業において利益をあげるために必要な人材であることを履歴書・職務経歴書、面接で訴求しきれていない。

としています。

 

面接で卑屈になるな

上記のことで面接で感じることは、
会社側:雇う側。上の立場
面接者:雇われる側。下の立場
という図式が当たり前のようにあることです。
正直、面接官で偉そうな人いますよね。笑

しかし、面接時には雇用契約されていません。
つまり対等な立場なのです。

会社側:給与の支払う代わりに会社の利益に貢献してもらう人を探す

面接者:時間を提供して会社の利益に貢献する

 

しかし、

  • 面接官数人と自分一人という、人数による圧迫
  • 相手の会社で面接に行くという、知らない場所による圧迫

などから、相手、場に、飲まれてしまうことが多いです。

こうなったら、思い出してください。

卑屈になるな、面接官と自分は対等の位置にあると。

 

前職で年収が高かった場合

本書では、同じ能力の人に見えても、前職で給与が高かった人に対しては高い年収を示し、そうでない人に対しては相対的に低い年収を提示するとしています。

これは、第三者からの評価が高いという保証がある。ということです。

 

なら前職での年収を実際もらっていた額より高く伝えようと思う人がいると思います。
しかしそれは、得策ではないかもしれません。

 

!つ目は、もし前職と面接に行った会社との空白がなければ当然、確定申告時に面接に行った会社に前職での収入明細を渡すこととなり、そこで発覚してしまうからです。

ばれてしまった場合、悪い印象を与えてしまいますよね。

 

2つ目は、あまり高すぎると雇ってもらえない可能性もあります。

会社には予算というものがありますから、それ以上を超えると雇うことができません。

 

なので年収は正直に、前職が低過ぎると感じるなら少し上乗せするぐらいがいいかもしれません。