気が乗らない面接は辞退すべき

気が乗らない面接

求人に応募して、面接をもらった! やった!
しかし、、よくよく調べてみると、仕事内容、給与、福利厚生、口コミなどをみると、うーん、この会社どうだろう、、あまり行きたくない会社だな。。

でも面接に呼ばれたしとりあえず行ってみるか。

そして、実際行ってみる。

 

やはり面接に行ったが魅力を感じなかった、内定もらっても辞退になるな、ということはあると思います。

 

このように面接行く前にすでにその企業に魅力を感じなくても、面接の機会をもらったからとりあえず行くか、という方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、よく考えてください。
面接行くまでに時間とお金がかかることを。

 

 

面接は時間もお金がかかる

お金

近い面接場所ならいいですが、少し離れた場所が多いですよね。
片道仮に1,000円だとすると、往復2,000円ですね。
そして、よりかかるのが「時間」です。

 

時間

例えば面接場所が片道1時間かかるとします。
そして面接には少し前の時間に着く形にするので、30分前には着くようにするでしょう。

 

また会社を面接するには、会社のホームページを見たり、質問を考えたり、または会社の口コミなどを見たりして1時間はかかるでしょう。

 

そうすると、
訪問往復 2時間
余裕時間 0.5時間
面接時間 1時間
会社調査 1時間
計 4.5時間
もかかります。

 

 

面接は1回ではなく、数回ある。トータルの金額、時間は?

面接は、たいてい1回ではなく、2回、3回、時には4回行われることもあります。
そして、内定をもらえるために面接は少なくとも10社ぐらいは受けると思います。
各会社が3回面接があったらトータルの金額、時間はどのくらいかかるのでしょうか。

 

金額

1社では

面接1回で2,000円
面接2回で4,000円
面接3回で6,000円
となります。

10社では

これが面接10回受けたらどうなるでしょう。
6,000円×10回=60,000円
となります。
結構かかりますね。

 

時間

時間はどのくらいかかるでしょう。

1社では

面接1回で4.5時間
面接2回で9時間
面接3回で13.5時間
となります。
1社ですごい時間使いますね。

面接10回では

これが面接10回受けたらどうなるでしょう。
13.5時間×10回=135時間

すごい時間がかかりますね。

 

 

面接は時間もお金もかかる!

行きたくないなら面接はやめるべき

このように、面接は時間もお金もかなり費やします。

なので、面接をもらってもよくよく調べてみるとこの会社行きたくないなと思ったり、1次面接を受けて実際にこの会社に入りたくないなと思ったが2次面接をもらった、という場合には、面接を辞退すべきです。

 

面接辞退には必ず会社に連絡

面接をやめる場合には、必ず会社にメールもしくは電話で事態の旨を伝えましょう。
せっかくあなたを面接に呼んでいただいた方へ最後まで社会人として連絡すべきです。

会社も連絡をもらえたことで、悪いことは言わないはずです。

 

面接を受けるかまだ迷ったら

私的には、行こうかどうしようか迷ったすなわち

行きたい:50%

行きたくない:50%

だったら、上記のように多くの時間、お金がかかるので面接は辞退します。

しかし、人にはそうは言えません。

 

なぜなら、面接に行って実際話を聞いてみると、いい会社かもしれませんし、いい条件に巡り合えるかもしれないからです。
ただし、私の経験上はそういった場合は皆無に近いですが。。

 

迷った場合は、面接に行った方がいい、としか言えません。
直感、今までの経験で面接に行くかどうかを判断してください。

 

結論

面接は、特に時間を費やします。面接に呼ばれた会社に魅力を感じなかったら、辞退してその時間を新たな企業を探す方に時間をかけたほうが自分にも、そして、面接会社にも時間を有効に使うことができます。