会計・経理への転職で必要なこととは

 

転職するにあたって一番重視することは、やはり待遇ではないでしょうか。
しかし待遇ともう一つ重視すべきことがあります。

それは、経理職に限りませんが、転職にあたって重視するべきことは、会社との「マッチング」です。なぜ必要なのでしょうか。
2人の例から見ていきます。

 

マッチングの必要性

転職先でのスキル不足

在職中のAさんがいました。
今より給料アップを考え、転職をしました。
しかし、転職先でのスキルが不足しており、居づらくなったAさんは転職した会社を辞めてしまい、無職になってしまいました。
その原因は企業が必要としていたスキルにマッチングしてなかったことであり、転職せずに前の会社にいるべきだったと後悔しました。

businessman

 

仕事内容にやりがいがない

離職中のBさんがいました。
早く就職したいと考え、自分に合っていない会社に就職しました。
実際働いてみると仕事にやりがいが感じられず、短期間で会社を辞めました。
これにより、履歴書に離職先が増え、今後転職活動の時に企業から短期間で辞めた理由を質問されるという不利な状況を作ってしまいました。
kaisya_man_bad
このようにただ給料が良い会社や、とりあえず就職するのでなく、会社とのマッチングを考えることが非常に重要だとわかります。

 

会社とマッチングして転職を成功させるには

人材紹介会社の利用

会社とのマッチングを考え、転職を成功させるために利用したいものがあります。
それは人材紹介会社(エージェント)です。
人材紹介では、求職者と企業との合致させ、ミスマッチをなくす、いわゆる橋渡しの存在です。

kaisya_soudan_man_man_smile

そのため、人材紹介会社の担当者と求職者とまずは面談を行って、聞き取りを行い、合致する企業を紹介します。
このマッチングさせるというのは、相手企業だけでなく、求職者にとっても必要なことです。

 

非公開求人

そのほかに人材紹介会社では、一般公開されていない非公開の求人を多く取り扱っています。
そのため、リクナビNEXTやエンジャパンのような一般公開転職サイトと、人材紹介会社を併用すべきといえます。

business_jouhou_koukan

 

 

 

転職で何が変わるか

転職することによって、
・年収がアップする
・現職の残業が多く拘束時間が解放される
があります。

年収アップで転職は悪いことか

ある人事の話で、
「年収の話をしてくる人はあまりいいい印象がない」
という記事を見たことがあります。
確かに、年収だけにこだわって面接時に話すことはいい印象ではありません。
しかし、年収にアップにこだわって転職するのは悪いことではないです。

収益性の低い会社ではいつまでも待遇は低い

仕事をする内容が同じでも、会社によって仕事量、給料が全く違うからです。
これはハローワークに行って検索すれば感じることでしょう。
収益性が低い会社に入ってしまえば、給料は低いままでなおかつ休みは少ないままです。
なぜなら、一人当たりの利益率が低いからです。

 

エージェントと相談しながら

もちろん、転職をしても、人間関係でこじれたりという未知のデメリットも考えられます。

現状維持で働くか、それとも一度きりの人生冒険してみるか、を考えて転職活動をしてください。
ただし、転職活動をすると決めた方は、慎重にエージェントと相談しながら進めてください。

明るい未来を切り開くのは、石橋をたたきつつ、未知の道ものぞいてみることで、より明るい未来が見えるでしょう。
給料明細とお金

 

 

経理に特化した人材紹介会社

MS-Japan

MS-Japan 200pxMS-Japanは、管理部門に特化しているエージェントです。
経理・財務の管理部門に明るいキャリアアドバイザーがしっかりサポートをするので心強い人材会社と言えます。
下記の楽天リサーチでNo.1をとっています。
・人材紹介企業のブランドに関する管理部門特化型エージェント
・公認会計士・税理士を対象とした、利用したい転職エージェント

 

MS-Japanの登録はこちらから
MS-Japan

 

ジャストネットキャリア

ジャストネットキャリア 200pxジャスネットキャリアは、公認会計士・税理士などの有資格者をはじめとした、会計、税務、経理・財務分野に強い転職支援・求人情報サイトです。
担当するエージェントも会計の勉強していた人や経理経験者が多いため、会計、経理の仕事がどのようなものかを把握しています。
経理の仕事を探すうえであなたの良き理解者となると言えます。


ジャストネットキャリアの登録はこちらから
会計、税務、経理・財務分野の転職なら【ジャスネットキャリア】