経理:企業規模によるざっくりな仕事内容

経理の仕事は、会社によってさまざまです。
小さい会社の経理であれば、幅広く、時には総務・人事も行うこともあります。
一方大企業だと、全体をやるのではなく、膨大な仕事量になるので、一部に特化した仕事になることがあります。

独断ですが、これから経理の仕事を考えている方は、「経理はまだ未経験だけど、どんな仕事をするんだろう」という疑問に記述しました。

また、個人的意見になりますが、給与計算は人事部でやるものであり、経理部がやるものではないという立場で書いています。

 

小さい企業(零細、個人)

従業員:1人~10数人

経理業務は少ないので、そのほかに仕事、例えば総務、給料計算の仕事をする可能性があります。
こういった会社は、決算、税務申告は顧問の税理士事務所が行う場合もあります。
会社の方針によって仕事が異なります。

想定される仕事

・伝票起票
・月次決算
・本決算
・総務業務
・給料計算
など

中規模企業(非上場)

従業員:数十名
中規模会社で非上場の場合ですと、経理が1人~3人で行う可能性があります。

仕事では、経理に特化する場合もありますが、可能性として総務業務、給与計算を行う可能性もあります。
決算、税務申告は顧問の税理士事務所が行う場合もありますが、自社で行う企業もあるでしょう。
また、子会社がある場合には、経理の一部または全部を行う場合があります。

想定される仕事

・伝票起票
・月次決算
・本決算
・税務申告(消費税、法人税)
・総務業務
・給料計算
など

上場会社(中規模)

従業員:数十名~数百名
中規模の上場会社では、経理はほぼ特化すると思いますが、やはり人数が少ない場合には、総務業務をすることもあるでしょう。
部門は分かれていると思われるので、可能性として給与計算は、人事で行うと思われます。
上場している場合、通常自社で税務申告を作成するので、税務申告の仕事もあるでしょう。
上場しているので、有価証券報告書の仕事があります。
子会社がある場合には、経理の一部または全部を親会社で行う場合があります。
決算は四半期ごとに行われるので、年4回決算を行います。

想定される仕事

・伝票起票
・月次決算
・本決算
・税務申告(消費税、法人税)
・子会社経理
・連結決算
・有価証券報告書
など

小規模会社(上場会社の子会社)

従業員:数名~数十名
上場会社の子会社の場合、経理業務に特化することもあれば、少ない従業員であれば、他の業務、すなわち総務、給与計算を行う可能性もあります。
上場会社の子会社なので、自社で税務申告も行うでしょう。
また、親会社が上場なので連結決算を組むための、親会社と自社(子会社)の取引(相殺消去 等)になるので、簡単な連結の知識が必要になる場合があります。
決算は四半期ごとに行われるので、年4回決算を行います。

想定される仕事

・伝票起票
・月次決算
・本決算
・税務申告(消費税、法人税)
・総務業務
・給与計算
・連結決算(親会社との取引)
など

中規模会社(上場会社の子会社)

従業員:数十名~数百名
上場会社の子会社の場合で、従業員がそこそこいれば、経理に特化する可能性もあります。しかし経理業務のほかに他の業務、すなわち総務、給与計算を行う可能性が高いです。
上場会社の子会社なので、自社で税務申告も行う場合があります。
また、親会社が上場なので連結決算を組むための、親会社と自社(子会社)の取引(相殺消去 等)になるので、簡単な連結の知識が必要になる場合があります。
決算は四半期ごとに行われるので、年4回決算を行います。

想定される仕事

・伝票起票
・月次決算
・本決算
・税務申告(消費税、法人税)
・総務業務
・給与計算
・連結決算(親会社との取引)
など

大会社

従業員:数千人~数万人
私は大会社にいたことはないので推定になります。
1つの仕事はかなりあるので、一つの仕事に特化する場合があります。
例えば、債権担当、連結担当 等
しかし、子会社があり小規模であれば、全体の経理を経験することとなるでしょう。

想定される仕事

・1つに特化した仕事
・子会社の決算
など

税理士事務所

税理士事務所では、伝票入力から、決算、税務申告、実際にクライアントに決算報告を行います。
また、企業経理では行わない、クライアント個人の確定申告を行います。

想定される仕事

・伝票起票
・月次決算
・本決算
・税務申告(消費税、法人税 等)
・クライアントへの決算説明
・クライアントの確定申告

まとめ

以上、企業規模ごとに仕事を記述しました。
もちろん、会社のよって方針が違うので、小規模会社であればほぼ経理に携わらなかったりします。

上記のように書きましたが、やったことない仕事ばかりでついていけるだろうか、、と思われるかもしれません。
しかし安心してください。
誰もが最初は未経験です。
センパイ達が教えてくれます。

 

下記の公開転職サイトは登録しましたか?

経理の転職で登録すべき3社を紹介します。

 

リクナビNEXT

リクナビNEXT -600px

 

リクナビNEXTは、リクルートが提供する、社会人の転職サイトです。
会員数は約786万人で毎週3.2万人以上が新規で会員登録されています。

 

どのぐらいの求人があるの

2018年12月4日現在で、財務・会計・経理で検索すると、377件の案件があり豊富な求人サイトと言えます。

 

転職をした人の約8割がリクナビNEXTを利用しているので、まず転職を考えている人は、リクナビNEXTに登録すべきです。

 

 

マイナビ転職

マイナビ転職 - 600px

 

マイナビ転職は、株式会社マイナビが運営する転職サイトです。
リクナビNEXTの次に多い、約438万人の会員を有しています。

 

どのくらいの求人があるの

2018年12月4日現在で、経理・財務・会計で検索すると400件の案件が出ました。

 

 

エン・ジャパン

エン・ジャパン -600px

 

エン・ジャパン株式会社が運営する転職サイトです。
「転職は慎重に」で有名ですね。

 

どのくらいの求人があるの

2018年12月4日現在で、経理・財務・会計・税務で検索すると、206件の案件がでました。

 

上記の2社よりは少ないですが、エン・ジャパンだけに載せている求人サイトも数多くあるので登録すべきです。