経理職で年収を上げるには転職? 人材会社を使うのがいい理由とは

 

給料明細とお金

仕事内容が同じでも会社によって給料が違う

例えば現在の会社では年収400万円だったとする。
人材紹介で登録した所、数社を紹介され、面接、採用となった。
年収は、100万円アップの年収500万円になった。
今までの仕事内容は変わらないのに…

こういった事は実際にある。
試しにハローワークに行き経理職で検索してみると感じることだろう。

年収が高い会社を探すには

仕事の探し方

仕事を探すうえでどのような方法があるだろうか。
・ハローワーク
・転職サイト
・人材紹介

この3つの中で、より年収が高い企業と出会えるのが人材紹介である。
そして、人材紹介は非公開の求人が多数である。
つまり、ハローワーク、転職サイトに掲載されていない求人を人材紹介側で持っているということである。

人材紹介会社

人材紹介会社は、下記ようなメリットがある。

転職に時間を取られない

転職活動はしたいが、仕事をして忙しいため探している時間はないという方にお勧めである。
人材紹介会社が、あなたとマッチングする企業を探して企業を紹介してくれるからだ。
わざわざハローワークに行ったり、転職サイトを見て探したりしなくてよいのである。

日程調節依頼が可能

また企業によっては、平日日中に面接を依頼されることがある。
在職中の人にとっては、現在の会社を休みを取って面接に行くのも難しい。だからと言って希望する企業だと、時間変更をお願いしたら、採用に影響するのではないか、と懸念するだろう。

しかし、人材紹介会社が間にいれば違う。
面接者からすれば、人材紹介会社に気楽に相談できる。
企業の面接官からしても直接本人に言われるより、第三者から告げられるとクッションになり、悪い影響を与えない。

 

人材会社の登録で転職活動が漏洩することはない

もしかしたら、登録することで現職の会社に知られたり、個人情報が洩れるのではないか。という懸念があるかもしれない。
しかし人材紹介会社の多くは、Pマークと言われるプライバシーマークを取得をしている。

プライバシーマークとは

一般財団法人日本情報経済社会推進協会がおこなっている制度。
個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を評価して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度である。

このようにプライバシーマークを取得している人材紹介会社は個人情報を大切に扱っている、と第三者が認めているである。なので個人情報漏洩の心配はしなくてよいのだ。

給料が低いメカニズム

さて、企業によって年収が違うのはなぜかを考えていこう。
同じ仕事内容なのに給料、年間休日がこれほど違うのか。
これは少なくとも2つの可能性が考えられる。
①収益性が低い会社
②オーナーや役員の考えにより、従業員の年収が低く設定されている会社

①収益性が低い会社
収益性が低いので従業員に多くの給料を支払うことができない。
また人を多く雇うことができないので、
一人当たりの業務量が多くなる=休みが少なくなる
という形になる。

②オーナーや役員等の考えにより、従業員の年収が低く設定されている会社
実際に有価証券報告書を見ていたとき、従業員の平均年収は低いが繰越利益剰余金がたんまりある会社があった。
すなわち毎年利益が多く発生しているにもかかわらず、従業員の給与に還元していないことになる。
投資家、債権者の立場からしたら良い会社かもしれないが、従業員の立場からすれば良い会社とは言えない会社があるのだ。

こういった会社に入ってしまったら、残念だが年収アップを望むことは難しいだろう。
我慢して会社に残るか、もしくは収益性の高い会社に転職するかだ。
もし転職を考えたなら、早めに人材会社に登録したほうがいい。
それはなぜか。

早ければ早いほど良い企業に出会える

企業は常に募集しているわけではない。
欲したときに募集する。
そのため、充足しているときにわざわざ募集はしない。

何が言いたいのかというと、「チャンスを逃すな」 ということである。

チャンスを逃さないためにはどうすればいいか、
それには、早めに人材会社に登録することである。
人材会社の登録は無料なので、早ければ早いほど良い企業に出会える可能性があるのだ。

経理の転職でよい人材会社はなんだろうか。
経理、管理部門に特化した人材会社であり、それは2つのエージェントが当てはまる。
それは、

①MS-Japan
②ジャストネットキャリア

である。
それではまず、MS-Japanからみていく。

経理・会計・管理部門に強い人材会社

MS-Japan

MS-Japan 800px
MS-Japanは、管理部門に特化しているエージェントである。
経理・財務・人事・法務などの管理部門に明るいキャリアアドバイザーがしっかりサポートをするので心強い人材会社と言える。
またプライバシーマークを取得している企業である。
MS-Japanは下記の調査でNo.1をとっている。

・人材紹介企業のブランドに関する管理部門特化型エージェント(楽天リサーチ2017年3月)
・弁護士・公認会計士・税理士を対象とした、利用したい転職エージェント(楽天リサーチ2016年7月)

 

エリアは?

東京(飯田橋)を本社として、横浜(神奈川)、名古屋(愛知)、大阪、京都に支社があり、関東・東海・関西の主要都市を中心として紹介している。

どういった人を求めているか

公認会計士、税理士、税理士科目合格、経理・財務業務の経験、人事・総務業務の経験経営企画のご経験、会計事務所・監査法人・税理士法人での業務経験のある方を対象にしている。

年齢制限あり

紹介できる年齢層は、20代~40代で、残念ながら50代以上の方は紹介が難しくなっている。

 

MS-Japanの登録はこちらから
MS-Japan

 

ジャストネットキャリア


ジャスネットキャリアは、公認会計士・税理士などの有資格者をはじめとした、会計、税務、経理・財務分野に強い転職支援・求人情報サイトである。

担当するエージェントも会計の勉強していた人や経理経験者が多いため、会計、経理の仕事がどのようなものかを把握している。
経理の仕事を探すうえであなたの良き理解者となるといえる。

サイト上にはプライバシーマークについて書かれていないが、運営会社はジャストネットコミュニケーションで、こちらの会社情報を見るとプライバシーマークを取得していることがわかる。

年齢制限あり

紹介できる年齢層は、20代~30代で、残念ながら40代以上の方は紹介が難しくなっている。

 


ジャストネットキャリアの登録はこちらから
会計、税務、経理・財務分野の転職なら【ジャスネットキャリア】
 

登録は無料なので早めに登録して自分にマッチする企業に出会う

人材会社はたくさんあるが、管理部門、経理に特化した人材会社は上記の2つである。
経理を志望するなら上記の2つの人材会社の登録は必須となる。
登録は無料なので、まずは登録して相談することがよいと思われる。
現在悩んでいる方は、話すことによって、現在の会社にとどまるべきかそれとも転職すべきかが見えてくるだろう。